一条工務店

ハイドロテクトタイルのメンテナンス費用と耐用年数【一条工務店】

\住宅ローンに特化したFP無料相談/

今だけ1000円分のギフトプレゼント中!

FP無料相談はコチラから

 

閲覧ありがとうございます。
管理人の松ちゃん です。

インスタでは、我が家の後悔ポイントやおススメのオプション等を紹介しています。

フォローをよろしくお願いします。

 

一条工務店に訪れた方や検討している方はみんな名前は聞いたことがある「ハイドロテクトタイル」。

ハイドロテクトタイルとはTOTOの光触媒技術を使った外壁タイルのことで、グランセゾンでは標準仕様、そして殆どのi-smartやi-cubeでオプションで採用されている外壁タイルです。

私もハイドロテクトタイルを気に入って、i-smartを選んだといっても過言ではありません。


今回の記事は、ハイドロテクトタイルの気になるメンテナンス費用や性能、評価について詳しく解説していきます。

この記事の概要

  • サイディング外壁とハイドロテクトタイル
  • メンテナンス費用と性能と耐用年数
  • パナホームのキラテック

サイディング外壁

以前はモルタルが主流でしたが、モルタルは施工時間が長く、ヒビ割れするいう特徴がありました。

そこで出てきたのがサイディングです。

サイディング外壁は、今現在は主流の外壁です。

サイディングはサイディングボードとも呼ばれ、板状になっています。

建物の骨格に合わせてサイディングを張り付け、シーリング材でつないでいきます。

板状のものを壁に貼るだけの作業なので、モルタルと比べて施工時間が短くなっています。

施工時間が短いので工賃が低く材料費も安いことから、サイディングは低価格で提供できる外壁となっています。

メリット・デメリット

サイディングとモルタルの、メリットとデメリットを紹介します。

サイディングモルタル
メリット施工時間が短い
材料費や工賃が安い
軽量で耐久性がある
耐火性
耐火性
デメリットコーキングの劣化が目立つ
熱を吸収する
施工時間が長い
材料費や工賃が高い
ヒビが入りやすい

モルタルのデメリットを全て解決した外壁がサイディングなので、当然、サイディングがよく使われますよね。

サイディングはデザインが多い

サイディングには窯業系樹脂系木材系金属系の4種類があります。

窯業系はサイディングの中でも一番多くのシェアを占めています。

耐久性や防汚性、断熱性と多くの面で評価のある外壁ではありますが、4種類のサイディングの中では、施工費用が比較的高いものとなっています。

サイディングのデザインやカラーは、石積調、塗り壁調、タイル調、木目調といったものが豊富にあるので、自分が気に入った外壁が見つかる可能性は高いです。

耐用年数とメンテナンス

耐用年数は20年~30年

サイディングの耐用年数は20年~30年です。

10年と開きがあるのは、サイディングは種類が多く商品によって耐用年数が異なるからです。

しかし、耐用年数が20年~30年あっても、その間何もしなくて良いわけではなく、当然メンテナンスも必要となってきます。

メンテナンス周期は10年

サイディングのメンテナンス周期は10年で、10年経つと塗膜の劣化が始まり、以下の様な症状が外壁に現れます。

症状

  • チョーキング
  • シーリングの劣化
  • サイディングボードの反り
  • ヒビ割れ

チョーキング

サイディングボードの防水効果が切れたことで、触れると白い粉が付く状態

シーリング

防水性や気密性を保持するため、目地や隙間などに充填するペースト状の材料


メンテナンスの内容は、塗装やシーリングの打ち替えとなっています。

30年目になるとサイディングの貼り替えを必要とする場合もあります。

メンテナンスを10年ごとにするって、費用はどれくらいかかるの?


メンテナンス費用

サイディングを採用することで一番気にしなければならないことが、10年毎に訪れるメンテナンスの費用です。

メンテナンス費用は家の大きさや内容によって異なりますが、ハウスメーカーを介してメンテナンスを行った場合だと、通常の塗装のみなら100万~200万が相場となっています。

150万円のメンテナンス費用と仮定して、年間15万円を外壁のメンテナンスで蓄える必要があるということです。

サイディングの貼り替えを行った場合、さらに高額になります。

ハウスメーカーを介さない直接業者に依頼して安く仕上げる方法もありますが、メーカー保証が切れたりすることもあるので、注意が必要!


ハイドロテクトタイル

ハイドロテクトとは、光触媒を利用したTOTOの環境浄化技術で技術ブランドです。

光触媒

光触媒とは、光の力を使って、自らは何も変化することなく周りのものを変える(化学反応)働きをもつ触媒物質を指す総称


ハイドロテクトの効果

ハイドロテクトには以下の3つの効果があります。

ハイドロテクトの効果

  • セルフクリーニング効果
  • 空気浄化
  • 抗菌・抗ウイルス
  • 防臭効果

セルフクリーニング効果

光の力で、ちり・ホコリの付着を抑え、自動車などの排気ガスが原因の油汚れを分解し、雨の力で汚れを洗い流すことで建物を綺麗に保ちます。

空気浄化

自動車や工場などの排気ガスや排煙に含まれる窒素酸化物を、ハイドロテクトで除去することで、空気を浄化することができます。

抗菌・抗ウイルス

ハイドロテクトは、菌やウイルスを分解・減少させることができ、防汚や防臭といった様々な効果をもたらします。

防臭効果

ハイドロテクトの防菌効果により、ニオイの原因となる菌の発生を抑制することができます。

一条工務店に使用しているハイドロテクトタイルは、この中で「セルフクリーニング効果」の技術のみです。


ハイドロテクトタイルの費用

i-smartの標準外壁は、石面調ボーダータイルとなっています。

しかし、i-smartで標準外壁を採用する方は少なく、ほとんどの方がハイドロテクトタイルを採用しています。

2018年時点での価格

ハイドロテクトタイルの費用は、i-smartで1.3万円/坪i-cubeは1.6万円/坪となっています。

40坪のi-smartにハイドロテクトタイルを採用すると、
1.3万円×40坪=52万円
ということになります。

 

i-smartやi-cubeではハイドロテクトタイルはオプションとなりますが、グランセゾンでは標準仕様の外壁となっています。

耐用年数は60年

ハイドロテクト(光触媒)を使った他の商品の場合、15年から20年が耐用年数となっています。

しかし一条工務店のハイドロテクトタイルは、焼き付け処理を施している為、耐用年数60年あると言われています。

メンテナンス費用

一般的に多く使われているサイディング貼りのメンテナンス費用は、50年で約707万円となっています。

一方、全面ハイドロテクトタイル貼りにすることで、50年で必要なメンテナンス費用は約68万円になります。

どうして600万円以上も差があるの!?


サイディング貼りの場合は、10年周期で外壁の塗装を必要とします。

しかし、全面ハイドロテクトタイル貼りは塗装を必要とせず、必要なメンテナンスは30年目のシーリング材の打ち替えのみです。

サイディング貼りと比べると、全面ハイドロテクトタイル貼りのメンテナンスの回数や施工内容が少ないことで、600万円以上も差が出る訳ですね。

パナホームのキラテック

一条工務店のハイドロテクトタイルと同じ光触媒技術を使った外壁タイルに、パナソニックホームズのキラテックという商品があります。

ハイドロテクトの技術を使ったタイルで、セルフクリーニング効果のみとハイドロテクトタイルと同じです。

しかしキラテックの場合は、現場貼りを行いコーキング目地を隠す事で、シームレスな外観美となります。

さらに、コーキング目地が水分や紫外線に当たらないことでコーキングの劣化を防ぎ、コーキングの打ち替えのメンテナンスが不要となります。

ハイドロテクトタイルの上位互換って感じでしょうか。


まとめ

ポイント

  • サイディング貼りの初期費用は安いが、メンテナンスの費用が高額になる
  • ハイドロテクトタイルには、セルフクリーニング効果がある
  • ハイドロテクトタイル貼りはオプションとなる(グランセゾンは標準外壁)
  • 耐用年数が60年
  • 全面ハイドロテクトタイル貼りのメンテナンス費用は約68万円(施工面積による)
  • ハイドロテクトタイルに似た商品に、パナソニックホームズのキラテックがある

今回の記事では、一条工務店のハイドロテクトタイルについて解説しました。

一条工務店の営業の説明では、ハイドロテクトタイルはメンテナンスフリーと聞きましたが、雨風に24時間さらされている状態で30年後のシーリングの貼り替えのみでいいのかは流石に疑問です。

しかし、定期的な塗装がないのは金銭的にもかなり魅力的な外壁ですので、ぜひ採用したいオプションですね。

【住宅ローンを借りれる額と
返せる額は違います】


今だけ1000円分のギフトプレゼント中!

FP無料相談はコチラから

住宅ローンの可能借入額は、年収や返済負担率、借入期間等を勘案して、金融機関の窓口やインターネットのシミュレーションサイトで試算することが出来ます。

でもその可能借入額って、実際に毎月返せる額ではないことを知っていますか?

どういうことかというと、借入額を試算する際の返済負担率が、約30%~35%と各金融機関で決められています。

返済負担率は、年収(額面)に対しどの程度の割合で借金を返済するかを決めており、仮に年収500万円で返済負担率が35%だと、年間の返済返済額が175万円。

月に計算すると、約14.5万円という結果になります。

「今の収入で十分返せる。」と思うかもしれませんが、住宅ローンは30~35年という人生の半分程度をかけて返済していく大きな借金です。

その長い返済期間の間に、結婚や出産、教育費といった今はない出費が出てきます。

他にも、病気やケガで働けなくなったり、新居の設備等が壊れた時の修繕費等、将来予測不可能な出費もたくさんあります。

家を買うのが不安になってきた

こういった全ての出費を事前に把握して、払拭してくれるのがFP相談です

FPとはファイナンシャルプランナーのことで、分かりやすく言うと、お金や保険に関するプロのアドバイザーです。

 

今だけ1000円分のギフトプレゼント中!

FP無料相談はコチラから

私が紹介するFP相談はリクルートが運営しているサイトで、しかも無料で何度でも相談が可能です。

オンライン面談も可能なので、直接会わずともパソコンかスマホで無料相談することができます。

私も住宅ローンを借りる前に、無料FP相談を利用しました。

FPさんが親身になって相談に乗ってくれますし、最終的にはFPさんが提案してくれた金融機関以外の地方銀行で住宅ローンを利用することになりましたが、「素敵なお家を建ててください。応援してます。」と、とても暖かいお言葉をかけてくださりました。

これから住宅ローンを利用して新居を購入しようとする方は、FPさんに無料相談してからでも遅くないと思います。

住宅ローン以外にも、火災保険についても無料相談ができるのでおススメです。

しかも今なら、1000円分のギフトも付いてくるのでお得です。(私の時はなかった…)

FP相談についての記事

【住宅ローン】ハウスメーカー営業マンの紹介では損をする!?

続きを見る

-一条工務店
-,