太陽光発電

【2020年 7月】一条工務店i-smartの電気代と太陽光発電の実績

\住宅ローンに特化したFP無料相談/

今だけ1000円分のギフトプレゼント中!

FP無料相談はコチラから

 

閲覧ありがとうございます。
管理人の松ちゃん です。

インスタでは、我が家の後悔ポイントやおススメのオプション等を紹介しています。

フォローをよろしくお願いします。

 

我が家の太陽光発電は、一条工務店オリジナルの夢発電となっています。

夢発電についてまとめた記事もあるので、ぜひ読んでみてください。

夢発電のメリット・デメリット【一条工務店 太陽光発電システム】

続きを見る

我が家の太陽光発電システム

搭載容量初期費用(設置費用)売電価格償還期間
7.56kW1,682,340円26円/kWh8年1か月


7.56kWの太陽光発電で得られる発電量のシミュレーションです。

123456789101112
予想発電量(kWh)568622809856935770883908802743589552


それでは2020年7月の発電・売電・消費電力・売電額を見ていきましょう。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt


月別実績

電気代発電量(kWh)売電量(kWh)消費量(kWh)売電額
2777.06649.00463.4616,874円
310,302円948.49801.80534.0920,846円
49,649円1173.411024.30495.5126,631円
58,473円1144.861036.40325.1726,946円
68,221円944.22848.70286.1222,066円
78,172円797.33697.60312.4318,137円
2020年


今年の梅雨は例年より長かったので、晴れの日が少なく発電量がかなりすくなか少なかったです。


自家消費量(発電分)

発電量ー売電量=自家消費量(発電分)

発電量の797.33kWhから売電量の697.60kWhを差引いた99.73kWhが、発電した電力を自家消費した量になります。

買電量

消費電力ー自家消費量=買電量

全体の消費量の312.43kWhから自家消費量の99.73kWhを差引いた212.7kWhが、7月分の買電量になります。

日別実績

発電量(kWh)売電量(kWh)売電額(円)
142.4139.601029.60
241.6038.30995.80
39.106.60171.60
411.939.50247.00
528.4824.80644.80
64.663.0078.00
75.353.2083.20
836.8133.70876.20
922.9320.80540.80
1010.418.20213.20
1116.8014.90387.40
1214.8510.20265.20
138.615.90153.40
1415.0513.10340.60
1525.8123.60613.60
1634.2330.60795.60
1745.2942.401102.40
1838.7935.60925.60
1934.5731.30813.80
2043.3340.101042.60
2135.3330.80800.80
2220.5815.90413.40
2322.2317.50455.00
244.071.8046.80
2535.6730.60795.60
2618.4814.80384.80
2713.6911.00286.00
2825.9622.10574.60
2842.5738.601003.60
3043.2739.001014.00
3144.4740.101042.60
2020年 7月

日別で一番発電した日は17日で45.29kWhでした。

今年の梅雨は長く、7月は半分以上の日が雨でした。


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bgt


まとめ

平均発電量(kWh/日)平均売電量(kWh/日)平均売電額(円/日)
25.7222.50585

シミュレーションを80kWh程度下回る発電量という結果になってしまいました。

8月に入りようやく長かった梅雨も終わりました。

8月は1年で一番発電する月なので、発電に大きく期待をします。

今後も毎月の電気代と太陽光発電の実績を報告していきます。

【住宅ローンを借りれる額と
返せる額は違います】


今だけ1000円分のギフトプレゼント中!

FP無料相談はコチラから

住宅ローンの可能借入額は、年収や返済負担率、借入期間等を勘案して、金融機関の窓口やインターネットのシミュレーションサイトで試算することが出来ます。

でもその可能借入額って、実際に毎月返せる額ではないことを知っていますか?

どういうことかというと、借入額を試算する際の返済負担率が、約30%~35%と各金融機関で決められています。

返済負担率は、年収(額面)に対しどの程度の割合で借金を返済するかを決めており、仮に年収500万円で返済負担率が35%だと、年間の返済返済額が175万円。

月に計算すると、約14.5万円という結果になります。

「今の収入で十分返せる。」と思うかもしれませんが、住宅ローンは30~35年という人生の半分程度をかけて返済していく大きな借金です。

その長い返済期間の間に、結婚や出産、教育費といった今はない出費が出てきます。

他にも、病気やケガで働けなくなったり、新居の設備等が壊れた時の修繕費等、将来予測不可能な出費もたくさんあります。

家を買うのが不安になってきた

こういった全ての出費を事前に把握して、払拭してくれるのがFP相談です

FPとはファイナンシャルプランナーのことで、分かりやすく言うと、お金や保険に関するプロのアドバイザーです。

 

今だけ1000円分のギフトプレゼント中!

FP無料相談はコチラから

私が紹介するFP相談はリクルートが運営しているサイトで、しかも無料で何度でも相談が可能です。

オンライン面談も可能なので、直接会わずともパソコンかスマホで無料相談することができます。

私も住宅ローンを借りる前に、無料FP相談を利用しました。

FPさんが親身になって相談に乗ってくれますし、最終的にはFPさんが提案してくれた金融機関以外の地方銀行で住宅ローンを利用することになりましたが、「素敵なお家を建ててください。応援してます。」と、とても暖かいお言葉をかけてくださりました。

これから住宅ローンを利用して新居を購入しようとする方は、FPさんに無料相談してからでも遅くないと思います。

住宅ローン以外にも、火災保険についても無料相談ができるのでおススメです。

しかも今なら、1000円分のギフトも付いてくるのでお得です。(私の時はなかった…)

FP相談についての記事

【住宅ローン】ハウスメーカー営業マンの紹介では損をする!?

続きを見る

-太陽光発電
-, , , , , , ,